年間果実酒40瓶作るミニマリスト

木いちごの成長、◯◯との戦い

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「本当はきれいに片付いたお部屋で過ごしたい!」でも、実際はモノで溢れて散らかっていて、部屋を見るだけでちょっと落ち込む。リビングはパソコンデスク、ワゴン、収納ボックス、日常で使っているカバンで溢れかえっていました。これではいけない!なんとかしたい!そこでジモティやメルカリでバンバン売ったりお譲りして少しずつモノを減らしていきました。そしてお片付けが好きになり勉強を始めてついに整理収納アドバイザー1級の資格を習得しました。60代でもいろいろなことに挑戦していきます。

ミニマリストきょんたです

このブログでは

ミニマリスト×メルカリ

ちょいちょい 果実酒×家庭菜園

のことについてお話しをしていきます。

今日は 果実酒 について

なぜ果実酒作りを始めたのか?

ぶっちゃけ実家で木いちごで作ったお酒をもらいまして、それがめちゃくちゃ美味しかったからです。

庭に木いちごを植えていました。

7月には赤い実をつけ、黒く大きくなったところで成熟。

庭がある家に住むことができたので、兄からもらった木いちごを庭に植えました。

最初の年は12粒くらい実り、恥ずかしながらワンカップの瓶を使って果実酒を作りました。

木いちごのツルは地下で根が張りまくっているので春になると色々なところから新芽が🌱出てきます。

これが可愛くてねぇ。

太いの出てきた、7つ芽がでてきた。

と毎日の成長を楽しみにしていました。

ツルのようにどんどん伸びてきて、土につくと虫に葉っぱや茎を食べられちゃうことがが多くなるのでポールを立ててそこに紐で結びます。たまに先の伸びていく部分が虫や鳥にやられてしまいます😭

      ガーン❗️ガーン❗️です。 辛すぎます❗️

でも木いちごは負けていません。

先っちょが虫や鳥にやられてもわきから更に何本も新芽が出てくるのです。ドンドン伸びてくるのです。

          「がんばってるね!」

と思わず声をかけてしまいます。

毎年、毎年少しずつ採れる実の量も増えてきました。

小さい瓶から翌年は4リットルの瓶

1瓶だったのが3瓶、5瓶とドンドン増えて一番採れた時は11瓶も作りました。

もう友達やご近所さんに配りまくりでした。

わざわざ北海道から遊びに来て実を採りジャムを作って帰った知り合いもいました。

旅行中だったので木いちごを果実のままではダメにしてしまうので、ジャムにして瓶に詰めて持って帰りました。

木いちごはタネが小さいのですが、ジャムにするとそのタネが気になるかもです。

ということで、果実酒漬作りにハマっていきました。

一般的な梅酒も、もちろん作りましたよ。

パルシステムの生協さんで梅を買いました。

知り合いの庭でできた梅をいただいたこともあります。

市販で買った梅で作った梅酒と

知り合いの庭で採れた梅で作った梅酒の味はなぜか劇的に違うのです。

やはり庭で採れたものの方が安心安全ということなのでしょうか。

そして実家では柚子とキンカンの木もありました。

柚子はお正月料理に使ったり、柚子湯にしたりご近所に配っています。

キンカンはあまり活用していないらしいのでこちらももらってキンカン酒にしちゃいました。

はい、これが果実酒作りにはまっていったきっかけです。

この記事を書いている人 - WRITER -
「本当はきれいに片付いたお部屋で過ごしたい!」でも、実際はモノで溢れて散らかっていて、部屋を見るだけでちょっと落ち込む。リビングはパソコンデスク、ワゴン、収納ボックス、日常で使っているカバンで溢れかえっていました。これではいけない!なんとかしたい!そこでジモティやメルカリでバンバン売ったりお譲りして少しずつモノを減らしていきました。そしてお片付けが好きになり勉強を始めてついに整理収納アドバイザー1級の資格を習得しました。60代でもいろいろなことに挑戦していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© きょんた@ミニマリスト×果実酒 , 2022 All Rights Reserved.